ホーム>大支援研規約

大支援研の規約

     大阪府支援教育研究会規約  
 第 1 条  (名   称)    
     本会は大阪府支援教育研究会と称す。  
 第 2 条 (目   的)    
     本会は支援教育の振興を図るを以て目的とする。  
第 3 条  (事   業)     
     本会は前条の目的を達成するため次の事業を行う。  
   1.  研究会・協議会・講演会等の開催。  
   2.  関係団体との連絡提携。  
   3. 各部の活動  
     A 研究部  B 行事部  C 研修部  D 広報部  
   4.  その他  
第 4 条  (会   員)   
     本会は大阪府内で支援学校・支援学級を設置する学校及び各種教育機関の教職員、その他、本会の趣旨に賛同するものを以て組織する。  
 第 5 条 (役   員)    本部役員一覧はこちら  
   1.  本会には次の役員を置く。  
     会長1名  副会長2名  書記4名+若干名   会計1名  会計監査2名
         支部長若干名 幹事若干名
 
   2.  役員の任務は次の通りとする。  
     会 長  会を代表して会を総括し、随時役員会を開き、会の運営を図るとともに総会を召集する。  
     副会長 会長を補佐し、会長事故ある時はこれを代表する。  
     書 記 会の事務を処理する。  
 会 計 会の会計事務にあたる。  
     支部長 地区を代表し、会の運営にあたる。  
     幹 事 支部長を補佐し、会の運営にあたる。
会計監査 会の会計を監査し、総会に報告する。
 
 第 6 条 (役員の選出)    
     役員の選出は次の通りにし、任期は1か年とする。但し、再任を妨げない。正副会長及び書記・会計・会計監査は役員会で会員の中より推薦し、総会の承認を得て決定する。支部長・幹事は地区毎に選出する。  
 第 7 条 (会 の 運営)    
   1.  本会は運営のために事務局を置く。  
   2.  本会は運営のために次の会議を行う。  
     総 会 定例総会は毎年1回行い、決算の承認、規約の改正、予算並びに事業計画、その他重要事項の審議を行う。臨時総会は必要に応じて随時開くことができる。     
     役員会 必要に応じて会長が召集し、総会の議案・会の運営・その他重要事項を審議する。  
 第 8 条 (顧   問)    
      本会に顧問を置く。顧問は歴代の会長、副会長とする。  
 第 9 条 (会   計)    
   1.  本会の経費は加盟校園・諸団体並びに個人の負担する会費、その他を以て当てる。
   会費は年額1700円とする。個人加入の場合は年額170円とする。
 
   2.  本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。  
第10条 (付   則)     
   1.  本会に次の支部を置く。  
     泉南・泉北(堺市を除く)・堺・南河内・中河内・北河内・三島・豊能   
   2.  この会則は平成14年4月1日より一部改正。  
     この会則は平成19年5月10日より一部改正。       
     この会則は平成20年5月15日より一部改正。  
     この会則は平成21年5月14日より一部改正。  
     この会則は平成22年5月13日より一部改正。  
     この会則は平成23年5月12日より一部改正。  
       

大支援研の規約PDF版はこちら

支部

大阪府支援教育研究会には以下の9支部があります。
支部には、その地区にある府立支援学校も含まれます。

豊能支部 池田市・箕面市・豊中市・能勢町・豊能町
三島支部 島本町・高槻市・茨木市・吹田市・摂津市
北河内支部 大東市・門真市・寝屋川市・守口市・交野市・枚方市・四条畷市
中河内支部 東大阪市・八尾市・柏原市
南河内支部 河内長野市・富田林市・羽曳野市・松原市・藤井寺市・大阪狭山市・
太子町・千早赤阪村・河南町
堺支部 堺市
泉北支部 泉大津市・高石市・和泉市・忠岡町
泉南支部 泉佐野市・岸和田市・阪南市・貝塚市・泉南市・岬町・田尻町・熊取町
大阪市支部 大阪市内の府立支援学校

ホームページにもどる